FASHION FOR FRONT LINESと提携

JAPAN FOR FOR ALL(陸前高田)

 

2011年3月11日、日本の北東沿岸は恐ろしい地震に襲われ、数分後、津波が地域全体の都市や村を破壊しました。この事件で多くの建物が破壊され、多くの人々が亡くなりました。大災害の余波で、そして都市の再建が適切に計画される前に、家を失った人々のために一時的な宿泊施設を提供することを優先しなければなりませんでした。しかし、人々はすぐに暖かく居心地の良い場所が必要だと感じ、快適さを見つけ、将来の計画について話し合うことができました。被害者の苦しみを軽減するために、建築家の伊東豊雄は最初の万人のための家(みんなの家)の建設に着手しました。彼はKisinの会と呼ばれる非営利の建築家グループを結成しました。山本理研、内藤博、球磨健吾 そして  妹島和世、そしていくつかのHome for Allが東北日本で建てられました。

もう1つのそのようなホームフォーオールは、陸前高田に建設される予定です。伊東東洋は、次のような数人の若い建築家の支援を必要としました乾久美子、藤本奏、平田秋妃a(上の写真)。日本のファッションガールズは、このプロジェクトに10万ドルを提供しました。また、金獅子賞を受賞した日本館の第13回建築ビエンナーレにも出品されました。この家は、募金活動からわずか7か月後の2012年11月16日にオープンしました。これに関連して、ファッションガールズは2012年にジャパンソサエティーで伊東豊雄氏の講演「日本を再構築した建築物3.11後の日本」を主催し、ファッションガールズボランティアが情報ガールパーティーを主催して、KISYNがファッションガールズフォーヒューマニティの創設者についてさらに詳しく知りました。花沢キッカの家。

Toyoの友人であり、今日の主要な建築写真家の1人であるIwan Baanは、Home for Allの建築とその周辺の風景を撮影しています(下の画像@ Iwan BaanのWebサイトから)。新しい建物の建設方法に関する政府の制限もあり、建物はほとんど建設されていない不毛の土地に立っています。ほとんどの人々はまだ仮設住宅に住んでおり、公共施設はありません。約束通り、この建物は陸前高田市の共同の場所として機能しているだけでなく、世界中からプロジェクトを見に訪れ、地元の経済に貢献しています。不毛の風景とは逆に、家の中は暖かい光を家に取り入れます。小さいサイズにもかかわらず、建物はセクションからセクションへと流れ、畳の部屋や北欧スタイルの暖炉を楽しむことができ、家をとてもよく見せます魅力的で居心地の良い。