FASHION FOR FRONT LINESと提携

OUR STORY

FASHION GIRLS FOR HUMANITY (FGFH)はアメリカで認可されているNPOで、2011年東日本大震災のためのチャリティー団体として、ファッション業界のリーダーであるジュリー·ギルハート、花沢菊香、日笠美紀、小倉朋子によって設立されました。その後も、FGFHはファッションのグローバルなネットワーク、そしてデザイン業界のプロフェッショナルたちと連携しながら、援助を必要としているさまざまなコミュニティに向けた人道支援や寄付を続けています。

東日本大震災後のハリケーン・サンディとフィリピンの台風ハイヤン、ネパール震災救援など、アレクサンダー・ワン、デレク・ラム、ダイアン・フォン・フルステンバーグ、マーク・ジェイコブス、オスカー・デ・ラ・レンタ、プロエンザ・スクーラー、ラルフ・ローレン、トム・ブラウンなどのデザイナーがFGFHに商品を寄付、約百万ドルを集めました。

2014年にはニューヨークのアジア・ソサエティより政策・ビジネス、芸術・文化、教育の柱を反映した分野で、インスピレーションと啓発、リーダーシップを発揮したことで、ゲームチェンジャー賞を受賞しました。 

プレス: カレイドスコープ・コンサルティング
T. 212.414.8882 info@kaleidoscopepr.net

ロゴデザイン:ベルガー&ワイルド