FASHION FOR FRONT LINESと提携

最前線のためにファッションガールズに寄付

投稿者 オン

 

親愛 なる  友人

それ  2011年の日本大震災を受けて、9年前の3月に『ファッション・ガールズ・フォー・ヒューマニティ』(旧日本のファッション・ガールズ)を設立しました。  福島県の皆様の皆様の支援や、福島県の皆様の皆様の支援をいちからいただき、誠に感謝いたします。   近年、FGFHはファッションおよびデザイン業界の専門家のグローバルネットワークを通じて、必要としている人道的サービスとコミュニティへの使命を進化させてきました。

私たちは前例のない時代の真っ只中にいます。  私たちの誰も予想も想像もしなかったもの、そしてこの世界的なパンデミックは、私たち全員、私たちの家族、地域社会、ビジネス、そして私たちの生活に影響を与えています。  私たちの考えは、それが直接的または間接的であろうと、ウイルスの影響を受けた人と一緒であり、私たちの心は特に病気の人に向かい、私たちはあなたに完全な回復を願っています。

世界中のエコノミストは、左、右、中央のいずれに傾いているかにかかわらず、何より公衆衛生の重要性を相互に同意し、強調しています。そして、私たちの医療従事者が必要としている基本的な個人用保護具(PPE)の深刻な不足を知って以来、私たち4人は議論し、ファッション業界で多くの皆さんの声を聞くことに多くの時間を費やしてきました  医療・医療従事者の健康を促進し、貢献するために私たちの緊急性を共有する分野の専門家と同様に。  医療や医療従事者は、私たちを守るためにPPEを必要としています。

長年にわたりFGFHの大きな支持者であったアジア協会と最前線のためのファッションと一緒に、私たちはあなたに知らせるだけでなく、フェイスマスクやガウンの作り方に関するダウンロード可能なパターン、PPEの寄付や購入を求めている病院や施設のリストなど、必要なすべてのツールを提供する2つの情報ハブをお届けします同様に、 PPEの生産に現在関与している企業 私たちは、医療と医療のコミュニティを必要な物資に対してより良く支援し、つながり、奉仕できるようにしています。   

また、支援のために資金を集めています COVID-19パンデミックに対する世界的な戦いで最前線の医療従事者 ゴーファンドミーを通じて (ここをクリック)私たちは一緒にこの現在と将来の公衆衛生の危機を克服することができます。

感謝の気持ちを込み、

ジュリー・ギルハート,  花沢菊花,  東三木・小倉智子

 

 

 

 

← 古いポスト 新しいポスト →